同僚が被災したらしい in 熊本水害

昨夜 現職の同僚に 電話を入れました。 どうしても 気になる元同僚がいたからです。 龍田4丁目陳内 リバーサイドニュータウン (通称 枇杷の首) にいる女性です。 30歳で 共に 熊本市職員の採用試験を受け 4人の中の一人が被災しました。 採用された 5年前 共に 定…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ゲリラ豪雨での被害甚大 私の郷里 熊本

7月11日 熊本を襲った ゲリア豪雨 「これまでに経験したことの無い豪雨」 朝、早く息子からのスカイプ 「白川が氾濫 前の道路が川になっている-」 状況が 判断出来ない私 「排水溝から水が溢れているんじゃ?」 だって 家の近くを流れる白川は 川幅も大きくて 自…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

団塊夫が綴る 妻へのメッセージ (8)

きょうの発言」 熊本日々新聞 2008  3 7   褒め言葉で夫婦が変わる    「新・亭主関白宣言」の行動は 言葉から始まった。 「ごめん・・・」と言う言葉の裏に 妻の苦労が見えてきた。 まだ口論になることも多々あるが そんなとき私は 「あ、ごめん そうか、分かった」 と一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団塊夫が綴る 妻へのメッセージ (9)

きょうの発言」 熊本日々新聞 2008 2 29  生まれ変わっても?    十数年前、天野周一会長が夫婦の危機を回避しようと 一人で立ち上げた「亭主関白協会」の活動が今や海外でも知られている。 ワシントンポスト紙(米国)BBC(英国)のほかロシアや中国のメディアは 日本の団塊世代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャワ島産 蜜芋パワー in バリ島暮らし

ジャワ島の極一部でしか 収穫されない 蜜芋 1度食べたら 病み付きになりました。 私は マタハリガレリアの奥にある HPマーケットの ワルンで購入して 自宅の冷凍庫で保存 オーブントースターで 再度、焼いて食べています。 その場で焼きたての 蜜芋はもっと 美味しいですけど。 糖度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おにぎりで育んだ絆 in バリ島暮らし

「きょうの発言」 熊本日々新聞 2008 2 15 おにぎりの絆      全国亭主関白協会・新 関白宣言 教訓  「ごめんなさい」 「ありがとう」 「あいしている」 三つの言葉が基本。 私も実践中だが 夫婦の溝が無くなり絆を感じる。 言葉の空回りに空しい思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の力 塩梅とは・・・・・バリ島暮らし

6月 熊本で発熱 作品の展示会場を留守にすることは 出来ないので 39度の熱を押して 会場への来訪者に 接していました。 お腹も壊していたので 何も食べることが出来なくて 倒れそうになりました。 「梅干しを食べると良いよ」 丁度 お見えになっていた 食育の専門家の先生のアドバイスで ギャラリーのオーナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団塊夫が綴る 妻へのメッセージ (6)

「きょうの発言」 熊本日々新聞  2008   2 8   バリ島の田舎で老眼鏡支援活動   老いの自覚に視力の衰えがある。 日本では視力を精密装置で的確に判断 自分の視力を補う眼鏡を 簡単に手に入れることが出来る。 日本では視力が落ちれば眼鏡を作る 当たり前のことだがそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来へのキャラバン隊   in バリ島暮らし

Facebook     華香美 敦子さんの ウォールから引用  「自分の未来の アウトカム 」   1年後のあなたは? どんな顔してる?  2年後のあなたは? どんな顔してる?  3年後のあなたは? どんな顔してる?  4年後のあなたは? どんな顔してる?  5年後のあなたは? どん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団塊の夫が綴る  妻へのメッセージ  (5)

 「きょうの発言」 熊本日々新聞  2008   1 18    団塊パワー    今、まさに 団塊世代が定年 退職者の大量時代 「団塊」の名付け親は作家の堺屋 太一氏だ。 インターネットの情報によれば堺屋氏が団塊百人の侍 の映画を作成予定とか 百人の団塊侍を公募しているら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団塊の夫が綴る  妻へのメッセージ  (4)

「きょうの発言」 熊本日々新聞  2008 2 1   試行錯誤の支援活動    2度目のバリ島訪問 支援開始の旅になった。 私と妻は観光の豪華さとは裏腹、 現地の人々の経済的な貧しさに驚き 盲目的な思いで支援に走った気がする。 今、思えば果たして現地の人々に どれだけの貢献が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧不安定症と向き合う     in バリ島暮らし

血圧降下剤を服用して 4ヶ月 バリ島滞在中は 1日たりとも 欠かさず 飲みました。 いちばん 軽い降下剤らしいのですが 服用して 暫くは 急激な 低血圧気味だったり 脈拍が異常に多かったり めまいなど 薬の副作用らしきものに 襲われました。 6月、熊本滞在中に39度の発熱 あいにく ヨット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団塊の夫が綴る   妻へのメッセージ  (3)

「きょうの発言」 熊本日々新聞 2008 1 25   バリ島との出会い    自動車会社に勤務していた昭和60年代、 日本は右肩上がりの経済成長の時代だった。 当時、会社の仕事で海外へ出かけることもあった。 ちょうど結婚20年目を迎えた年、妻と一緒にバリ島へ 仕事で出かけることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団塊の夫が綴る 妻へのメッセージ (2)   

「きょうの発言」  熊本日々新聞  2008 1 11  二人並んで歩む人生   結婚は摩訶不思議である。 生まれも育ちも異なる 男女がある日出会い、新たな人生を築くことは大事業である と私は考えている。 「亭主関白協会」熊本支部長の名が広まるにつれ 相談者も増えた。私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団塊の夫が綴る 妻へのメッセージ (1)     熊日新聞に掲載 12シリーズ 2008

 私が定年を迎えた 2008 夫の言葉     「妻には妻の人生と夢がある.。その妻の夢を支えるのも夫の役目だ」 夫の言葉に感謝しながら、単身、バリ島暮らしです。 夫が地元の熊本日々新聞社  「きょうの発言」 私ども夫婦が経験した熟年をテーマに 出筆した12シリーズの記事をブログU…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦・家族としての絆  in バリ島暮らし

一緒に暮す 離れて暮す いろんな家族構成を 余儀なくされている方も多いのではないでしょうか? インドネシアは世界有数の 家族愛が強いとされるお国です。 私の知り合いの機長の家族がいます。 十数年前、留学で私はインドネシア大学で研修したことがあります。 そのとき ホームスティをしました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

団塊が直面・親介護  in 療養型リゾート滞在

老いた親 抱える団塊世代   介護まではいかないがー 面倒を見なくてはならない親を抱えている 団塊は今 直面しています。 先日 ジャカルタの友人が 「ibu さん 母親をジャカルタに引き取る事にしましたよ・・・・」 現在、84歳だと聞きました。 内臓は至って健康だと言います。 でも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無事、バリ島へ戻りました

やっぱり 私の体はバリ島が良いみたいー。 昨夜から血圧がまったく正常です。 昨夜は110-70だったので 降下剤は飲みませんでした。 今朝も 130-88なので このまま薬を飲まないで 様子を見ることにしました。 私の血圧の治療情報は あくまでも 私の個人のケースです。 二人の主治医も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more