ランチセットを食べる  in バリ島


 ちょっと贅沢なランチタイム    

滞在者どっぷり 経済観念の私


画像

↑ 雨期のじゃらんじゃらん 道路はこんな感じです。


基本的には
「バリ島の食」は自分で作るですが
たまには
自分の舌肥やしの為にも
外食が必要です。

美味しさの追求はもちろんですが
このメニュー
どのくらいのカロリーがあり
どんな栄養素があり
調味はどんな具合

自分の舌で感知できる
能力を培うのが目的でもあります。

料理人は
料理を食べて
そのお店の全てが理解出来る
これが
「料理の鉄人」
と聞いたことがあります。

私には
「料理の鉄人」
は無理ですが
何となく
いろんなことが
見えてくることはあります。

これは
30年、料理を仕事にして来た
贈り物だと今は
感謝しています。


「食は人を作り心を育む」
食べることは
本能でもあるけど
脳に影響する大事な
要素も含んでいます。




昔からの諺
「同じ釜の飯を食え」

これは利に叶う
人材育成でもあると思います。
食を同じくしていると
いろんなものが理解出来ます。

日本社会が
大事にしていた
接待術が廃れていますが
これは
少々、考えるべきではと思うことがあります。
食 おもてなし術が
長いこと
日本の政財界を支えていました。



バリ島旅行される方から
バリ島での美味しいお店を
ご紹介してくださいのメール・コメントが多いです。


自分の嗜好です。
そこで
ブログUPしたお店で
興味があれば
お申し出下さいと回答しています。


バリ島の日本食レストランのランチは
税抜き 70000ルピアー75000ルピアが主流です。(700円ー750円)

税込みだと100000ルピア(1000円)

最近食べたランチ
Maya Sayang  ランチ Cセット 
飲み物 生ビールが選べます。
デザート付


画像



丼 「吞」 てんぷら盛り定食 

ティー・ フルーツ付


画像

↑ この定食ではビンタンビール分が高くなります。


画像

↑「 空です、お客さんから頂き物の高級に日本酒」の瓶が飾ってありまました。
シェフはジャkルタのNikko ホテルのシェフを歴任した人でした。



たまには
贅沢な日本食
バリ島の日本食レストラン
ほっとする雰囲気
これは滞在者として
有難いです・・・・。





画像



自分の好み
滞在者としての経済
総合的に好みは
創作料理
ワルン 「カケル」
大事にしたい
日本食のワルン(食堂)です。



バリ島の情報がたくさんありますよ・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック