草木染め 香草の小屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 「何をしたら楽しいですか?」  海外ロングステー

<<   作成日時 : 2010/02/22 10:09   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

何をしたら楽しいのでしょうか・・・?」
「皆さん、バリ島でどう過ごされていますか?」


同じことが言えます
「定年後はどんな暮らしが楽しいですか?」
「皆さん、どんな定年を暮らしておれれますか?」

日常的な質問です
質問は当たり前のことです。




画像


私が言いたいのは
これでは
遅いのです。

ブログで何度かUPしていますが
欧米人は人生に節目節目の準備に時間とお金を使い
学ぶのが普通です。


セミナーで質問に私は
「毎日、浜辺をジョギングしている大勢の人がいます。」
私は彼らたちの躍動を日々、カメラに収めるのが楽しみです。
「毎日、インド洋の波を詠んでサーフィンをしている人がいます」
「岬から風に乗るハンググライダーで癌を克服した人がいます」


画像

画像

画像

画像


質問者
「毎日、そんなことでいて退屈じゃないのでしょうか?」


回答 団塊ibu
「それがしたいからバリ島に暮らしていると聞きました。」
バリ島に滞在する意義を明確にしている人は
退屈などしないのではと私は理解しています。


バリ島への帰国を1週間後に控えています。
今度、日本へ帰国するのは10月を予定しています。

そして
今、感じるのは
私の暮らしの拠点はバリ島
改めて感じています。
海外暮らしってこんなものだと
漠然と理解するまでになりました



海外暮らしの基本

その国がすき
その国で暮らしたい
そのくにを知りたい



強い意志がないと挫折します。
海外暮らしは別として
海外ロングステー(2週間以上3ヶ月)
だとしても
強い意志がないと
ロングステーでは挫折感を味わう危険が大きいのではと思います。


いちばん危険は
アジア暮らしは安い・楽だ
こんな考えでアジア暮らしは選ばれる
私は
賛成出来ません。

確かに
安いのは事実です。

でもその奥にある
滞在ヴィザ関連の費用
海外暮らしには不可欠の渡航保険の費用
留守にする日本での諸費用(税金・健康保険)
光熱水通信費の基本料
日本へ帰国の航空賃を滞在月で割る

これだけでも
けつこうな費用になります。

えてして
滞在費は滞在先での費用のみが
クローズアップされています。


夫婦二人で
バリ島で暮らすとなれば
私の2年(夫ではないけど息子と二人暮らしの生活費)での平均は
月に20万円になりました。


私の場合は住む自宅がバリ島にあります。
借家暮らしであれば
最低 +5万円
ホテル暮らしになればランクもありますが
最低10万円のプラスになると思います。

画像


画像

↑日本では中々、遭遇が難しい  農作業がギャラリー フレンチレストランです  ↓
画像



画像

↑ バリ島暮らしの醍醐味  時簡遊びを楽しむ  ↓
画像


バリ島暮らしは
経済的に考えれば
決して楽ではありません。
もちろん
私、一人分の年金では大幅な赤字です



画像


画像


画像


画像

画像


それでも
私はバリ島暮らしをしている
「何故・・・?」

お金では換算できない人生の喜びを
バリ島で感じることが出来るからです



多彩な海外ロングステーのブログ団塊ibuは今・・・・?が表示されています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村

「楽園・バリ島」
応援をお願い致します。

団塊ibu キーワード 
[バリ島] ブログ村キーワード

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日、旅から戻りました。
初めてのバリ島はとても楽しかったのですが、こちらと比較する物価の高さには、正直驚きました‥
ibuさんのおっしゃる通り、アジアでの長期生活は経済・精神的にも決して楽ではないと思います。私も経済的な面だけを考えれば、ここでは働いていないかと。会社のスタッフには怒ることも多い反面、癒されていることも多いと感じる最近です。近いうちにまた行きたいですバリ島
saigon
2010/02/23 00:37
saigon 様

熊本の市民講座で海外ロングスティの講師をしながらアドバイスをしています。

皆さん「バリ島は高いですね」と言います。
アジア暮らしは物価が安くて楽に暮らせるイメージがあります。
私はその間隔を覆すことから始めます。
ロングスティのビジネスのフレーズが安く暮らせるアジアです。安い面も確かにありますが外国人が暮らすには見えないお金が沢山あります。特に滞在ヴィザを持続させる経費になど触れてありません。保険の料金も馬鹿になりませんね。本当にここ数年、バリ島はインフレです。

団塊ibu
ibu
2010/02/23 09:25
なんとなく海外に住みたいの気持ちではきっと一カ月もしない内に飽きてしまうでしょうね。それと現地の食材など現地価格の生活を出来ないと下手すると数倍以上の生活費になりかねませんね。工夫して暮らす、大事ですね!住む前に何度も通って出来ればアパート暮らしで試しステイは必要だなあと思います。もうすぐバリにご帰国ですね、忙しい一カ月だったでしょう、寒い日本からバリ、お体気を付けて下さいね。
ちょびれ
2010/02/23 12:56
ちょびれ  様

海外暮らしは強靭な意志が必要ですね

働いていたインドネシアと定年後に暮らすインドネシアが異なっていると言われました。インドネシアの国民性があるのではと私は感じました。

団塊ibu
ibu
2010/02/23 18:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
「何をしたら楽しいですか?」  海外ロングステー 草木染め 香草の小屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる